とよだクリニック
(医)青蘭会 とよだクリニック
心療内科/精神科
TEL:072−686−0919
高槻市高槻町13番5号 牧ビル3F

診察カレンダー

Calendar Loading

薬の話

抗うつ剤

現在日本で用いられている抗うつ薬には三環系抗うつ薬四環系抗うつ薬SSRISNRIその他に分類されます。MAOIは日本では使用されていません。

うつの生物学的基盤に関する仮説と抗うつ薬の作用機序

うつ状態の生物学的基盤を説明する仮説として有名なものにモノアミン仮説があります。
この仮説はうつ状態では脳の中のモノアミン、すなわちセロトニンとノルアドレナリンの機能が低下しているというもので、三環系抗うつ薬はこれらモノアミンの再取り込みを阻害することにより、またMAOIはモノアミンの分解を抑制することによりそれぞれモノアミンの働きを強め、抗うつ作用を発現すると考えられています。

抗うつ薬の種類

三環系抗うつ薬 :第一世代の三環系にはイミプラミン(トフラニール)、クロミプラミン(アナフラニール)やアミトリプチリン(トリプタノール)、ノリトリプチリン(ノリトレン)などがあり、第二世代のものとしてはアモキサピン(アモキサン)などがあります。モノアミンに選択的に作用するわけではないので抗コリン性の副作用(口渇、便秘、排尿障害)などが問題となります。作用は強力ですが、作用の発現に時間がかかることや、副作用のため効果が発現する量まで使用できないなどの問題があります。

四環系抗うつ薬 :マプロチリン(ルジオミール)、ミアンセリン(テトラミド)など。三環系抗うつ薬の欠点であった抗コリン性の副作用と心毒性の軽減を目的に開発されたのですが、効果は第一世代の三環系を越えるものではなく、副作用面でも十分とは言えないため最近ではあまり使用されていません。

その他 :トラゾドン(デジレル、レスリン)はセロトニン系に作用する薬として登場しました。また某大学病院で男性機能の改善に使用されていたこともあります。現在ではその鎮静効果を利用して睡眠薬としての使用が試みられています。その他のものとしては、日本では軽症のうつ状態にスルピリド(ドグマチール、アビリット)が使用されますが、女性の乳汁分泌無月経症候群を引き起こすことがあり、事前に十分な説明が必要です。

SSRI :SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、セロトニン系に選択的に作用し、三環系、四環系でみられた抗コリン性の副作用が少なく、心毒性がきわめて弱いことが特徴です。日本ではフルボキサミン(デプロメール、ルボックス)、パロキセチン(パキシル)の2種類が承認され、臨床場面で用いられています。うつ病、うつ状態の他、強迫性障害やパニック障害、摂食障害への応用も期待されています。これらSSRIにはセロトニンの増加による吐き気、嘔吐の副作用が出現することがあるので、特に服用初期には注意が必要です。また他の薬剤との相互作用にも注意が必要です。

睡眠導入剤について

睡眠導入剤(以下睡眠薬)というと、1.やめられなくなる2.大量に飲むと死ぬなどの怖いイメージを抱いている人が多いものです。私の経験でも不眠に対して睡眠薬を処方して症状が改善したのに知人や親族から「やめられなくなる。」「こわい。」「呆ける。」「精神病になる。」などと止められて使用を中断する人がかなりの割合でいます。
これらは全くのデマではなく、以前にはその様な薬剤が用いられていたことがありましたが、最近の睡眠薬にはその様な心配はほとんどありません。しかし医師の指示に従って用法・用量を守るなどの最低限の注意は必要です。
このページでは代表的な睡眠薬の分類と名称、症状別の適応、使用上の最低限のルール(注意)についてお知らせします。

睡眠薬の分類

以前はバルビタール系、尿素系の薬剤が用いられましたが、最近よく用いられる睡眠薬はベンゾジアゼピン系の薬剤です。これらの薬剤は基本的な形(骨格)は類似していますが、枝葉(側鎖)などの違いにより、異なった特性がみられます。睡眠薬ではその使用目的から催眠あるいは睡眠増強作用があるのは当然ですが、抗不安作用、抗けいれん作用、筋弛緩作用も有し、薬剤によりその強さが異なります。また1回服用してから血中濃度が最高に達するまでの時間(Tmax)、最高に達した血中濃度が半分に低下するまでの時間(T1/2)が薬剤により異なり特にT1/2は作用時間に直結し、これにより睡眠薬は超短時間型、短時間型、中間型、長時間型に分類されます。

超短時間型ブロチゼパム(レンドルミン)、ロルメタゼパム(ロラメット、エバミール)、リルマザホン(リスミー)
短時間型トリアゾラム(ハルシオン)、ゾピクロン(アモバン)、ゾルピデム(マイスリー)
中間型フルニトラゼパム(サイレース、ロヒプノール)、ニメタゼパム(エリミン)、
エスタゾラム(ユーロジン)、ニトラゼパム(ベンザリン、ネルボン)
長時間型フルラゼパム(ダルメート、ベノジール)、ハロキサゾラム(ソメリン)、クアゼパム(ドラール)
  ※(かっこ)の中は商品名

最近開発された睡眠薬には(かなり専門的な話ですが)ω1受容体選択性が売りになっているものがあります。ふらつき、転倒など筋弛緩作用に関係するω2受容体に作用しないことにより安全性が高いと言われています。また多くの睡眠薬が徐波睡眠(深い睡眠)を増加させる効果がないのに対し、徐波睡眠を増加させることが知られています。

不眠のタイプと睡眠薬の使い分け

  • 入眠障害:いわゆる寝付きが悪いもの→超短時間〜短時間型
  • 熟眠障害:熟睡感がない→短時間〜中間型
  • 途中覚醒:何度も目が覚める→中間〜長時間型

早朝覚醒はうつ病の可能性があり、専門的な診断と治療が必要となる可能性があります。早めに専門医に相談してください。
またイビキがひどい、睡眠中に呼吸が止まっていることがあると指摘される、あるいはあしがムズムズするなどの症状を伴う不眠の場合はより専門的な検査・診断が必要となりますので主治医に相談してください。

睡眠薬を服用する上での注意点(最低限これだけは守りましょう)。

  • ○就寝直前(30分くらい前)に服用する。
  • ○アルコールと一緒に服用しない。
  • ○自分の勝手な判断で量を加減したり、中止しない。
  • ○自分の薬を人にあげたり、他人の薬をもらって飲んだりしない。
  • ○その他、心配なことや服用中に変わったことがあれば医師に相談する。

抗てんかん剤

てんかん発作を抑えるために用いられる薬で、主として神経細胞の興奮を抑えたり、神経細胞の興奮の広がりを防ぐことにより作用します。抗てんかん薬の中には感情調整薬として作用し、感情障害、統合失調症の治療に用いられるものがあります。

抗てんかん薬の種類

我が国で使用されている主要な抗てんかん薬を示します。

系統 一般名 商品名 剤型 製薬会社
バルビツール酸系フェノバルビタールフェノバールなど30mg錠、末、散、注三共など
プリミドンマイソリン250mg錠、細粒大日本
ヒダントイン誘導体フェニトインアレビアチン、ヒダントールなど25mg錠、100mg錠、散、注大日本、三共
スクシミド系化合物エトサクシミドザロンチンなど250mgカプセル、シロップ、散三共など
イミノスチベン系カルバマゼピンテグレトールなど100mg錠、200mg錠、末ノバルティスなど
スルフォンアミド系アセタゾラミドダイアモックスなど250mg錠、末、注武田
ベンゾジアゼピン系クロナゼパムランドセン、リボトリール0.5mg錠、1mg錠、細粒ロシュ、住友
ジアゼパムセルシン、ホリゾン2mg錠、5mg錠、10mg錠、細粒、散、注、坐武田、山之内
その他バルプロ酸ナトリウムデパケン、バレリン、
デパケンR、セレニカRなど
100mg錠、200mg錠、細粒、徐放顆坐協和発酵、大日本、吉富など
ゾニサミドエクセグラン100mg錠、散大日本
クロバザムマイスタン5mg錠、10mg錠、細粒大日本、アズウェル

上の表に示しますように多くの種類の抗てんかん薬がありますが、発作型、てんかん類型により効き方が異なります。ご自身の発作について出来るだけ正確に主治医に伝えて最も有効な薬剤を1種類選択し(第1選択薬)、副作用に注意しながら効果が出る量まで増量していくのが一般的な方法です。

これらの抗てんかん薬は有効濃度域が狭い、つまり発作を抑制する血中濃度と薬物中毒を引き起こす血中濃度が接近しているため、定期的に血中濃度測定を行うことが必要です。これを治療的薬物モニタリング(TDM)とよびてんかんの薬物治療の基礎となっています。ひどい眠気、呂律がまわらない、モノが二重に見える、歩行困難があるなどの症状は中毒症状の可能性がありますので、直ちに主治医に連絡してください。

また抗てんかん薬は他の薬剤や食物(他の抗てんかん薬を含む)との併用によりお互いの血中濃度が変化するため、併用には十分中止せねばなりません。抗てんかん薬を服用中の方は必ず医師に服用していることを申し出てください。

副作用には薬疹(じんましんが出たり、皮膚や粘膜がただれる、発赤する)や発熱(白血球が減少して)など頻度は高くないけれども重篤な副作用もあります。これらの症状が出現したら、直ちに主治医に連絡してください。